【春休み集中レッスン】中高生陸上競技者向けヨガ

中学生、高校生の陸上競技をやられているお子様向けのヨガクラスです!

まずは、私の経験からお読みください。


●わたしのプロフィール●

高校から陸上競技をはじめました。

筋トレも全然やったことなく、最初の課題は筋肉をつけること。

100M,200M,4×100Mリレーを中心に練習していましたが思うように結果がでず、中距離に少しずつ以降。

400Mで手ごたえを感じ始め、800Mでインターハイ県予選優勝、東海5位で熊本インターハイ出場。(4×400MRも)

3年のインターハイ以降、長距離にチャレンジし冬の駅伝を走り、実業団に進みました。


●最後まで治らなかったけい骨の疲労性骨膜炎(シンスプリント)●

短距離のスピードを中距離まで伸ばすことも難しかったですが、短距離で鍛えた体を長距離に以降するのが私はなかなかできず、実業団に入ってからは、一週間まともに練習できたことがありませんでした。

そのくらい、身体の違いを実感しておりましたし、ヨガをはじめて、私のやってきたウエイトトレーニングは、間違ったやりかたをしていたことに今になって気付きました。

当時は、シンスプリントと呼ばれる、けい骨の疲労性骨膜炎が引退するまで治らず、痛くなれば治療に行き、テーピングで試合を走っていました。

今思えば、全て立ち方、足の使い方から治さなければいけなかったと思うのですが、選手の時は、フォームを変えることも休むことも非常に勇気がいりますよね。

そういった気持ちは、すごくよくわかります。


●ヨガと陸上競技●

ヨガを初めて、一番よかったのは自分の心と体の状態を知ることができるようになったことです。

選手時代、休もうというサインが自分の中からで続けていたことに気付けなかった私は、引退後もかなりたくさんの事を悔みました。

もし、当時ヨガに出会ってたら、と思うと、もっといいパフォーマンスができてたのかなぁと、友人とよく話してます。

ヨガは、バランス良くいろんな箇所が伸びます。

そしてささえる筋肉も自然と鍛えられます。

どの種目でも、軸がぶれない選手は強いです。

ヨガは、その軸に全てを合わせることが可能なのではないかと、実感しております。

怪我予防にもなります。

走りの癖を、ヨガで整えられるなぁということも実感しています。

------------------------------------------------------------------------------------

今回の春休み集中レッスンでは、陸上の練習で負担がかかりやすい身体の場所を中心に整えていきます。

例えば、私が悩まされたシンスプリントは、硬いところでの練習のしすぎや、下肢部のストレッチ不足が原因と言われていますが

一番は「足のつきかた・蹴り方」だと感じています。

ヨガで、足の裏から整えていきます。

言葉の表現が難しくて、上手な事は言えませんが、

私の経験とヨガを掛け合わせての集中レッスンをこの3日間で行います。

レースの前後におススメのストレッチを取り入れ、できるだけ日常の練習につなげていけることをお伝えしていきたいと思います。

ちょうど、シーズンインの時期ですね。

冬のトレーニングで蓄えてきたことを、走ることへつなげていきましょう。


▼日程

2018年3月

第1回:22日(木) 14:00~15:30

第2回:26日(月) 14:00~15:30

第3回:30日(金) 14:00~15:30

※最寄駅の片浜駅まで送迎可(下り13:40着、上り13:38着を厳守)


▼参加費

¥5,000(3回全て参加で)


▼会場

大塚サロン(沼津市大塚、エースから5分)


※3月24日(土)東部強化大会(トレセン記録会)に出場される選手は、教えてください♪


▼おねがいごと

・未成年の方をお預かりしますので、保護者の同意書が必要です。お申し込み後、郵送致しますので早めにお申し込みをお願い致します。

・基本的には3回全てご参加おねがいします。参加できない場合、3回参加される方を優先させていただきます。

・参加費は初日にお支払いください。

・見学をご希望の保護者様は、見学ではなく一緒にご参加いただきたいと思っております。

・定員があります。


お申し込みは以下の予約フォーム↓(受信メールが迷惑フォルダに入る可能性があります。解除お願いします)


【春休み集中レッスン】中高生陸上競技者向けヨガ-Megumi Yoga

【春休み集中レッスン】 中学生、高校生の陸上競技をやられているお子様向けのヨガクラスです! まずは、私の経験からお読みください。 ●わたしのプロフィール● 高校から陸上競技をはじめました。 筋トレも全然やったことなく、最初の課題は筋肉をつけること。 100M,200M,4×100Mリレーを中心に練習していましたが思うように結果がでず、中距離に少しずつ以降。 400Mで手ごたえを感じ始め、800Mでインターハイ県予選優勝、東海5位で熊本インターハイ出場。(4×400MRも) 3年のインターハイ以降、長距離にチャレンジし冬の駅伝を走り、実業団に進みました。 ●最後まで治らなかったけい骨の疲労性骨膜炎(シンスプリント)● 短距離のスピードを中距離まで伸ばすことも難しかったですが、短距離で鍛えた体を長距離に以降するのが私はなかなかできず、実業団に入ってからは、一週間まともに練習できたことがありませんでした。 そのくらい、身体の違いを実感しておりましたし、ヨガをはじめて、私のやってきたウエイトトレーニングは、間違ったやりかたをしていたことに今になって気付きました。 当時は、シンスプリントと呼ばれる、けい骨の疲労性骨膜炎が引退するまで治らず、痛くなれば治療に行き、テーピングで試合を走っていました。 今思えば、全て立ち方、足の使い方から治さなければいけなかったと思うのですが、選手の時は、フォームを変えることも休むことも非常に勇気がいりますよね。 そういった気持ちは、すごくよくわかります。 ●ヨガと陸上競技● ヨガを初めて、一番よかったのは自分の心と体の状態を知ることができるようになったことです。 選手時代、休もうというサインが自分の中からで続けていたことに気付けなかった私は、引退後もかなりたくさんの事を悔みました。 もし、当時ヨガに出会ってたら、と思うと、もっといいパフォーマンスができてたのかなぁと、友人とよく話してます。 ヨガは、バランス良くいろんな箇所が伸びます。 そしてささえる筋肉も自然と鍛えられます。 どの種目でも、軸がぶれない選手は強いです。 ヨガは、その軸に全てを合わせることが可能なのではないかと、実感しております。 怪我予防にもなります。 走りの癖を、ヨガで整えられるなぁということも実感しています。 ------------------------------

RESERVA

もしくはLINE@↓

または

megumi.i954@gmail.com

まで、おねがいいたします★


走ることが大好きで、強くなりたい子!!

あつまれ~!!!


●3月のスケジュールができました

予約サイト↓

Megumi Yoga

心を今に合わせ、ゆっくり深呼吸をしてみる。 そこからヨガセラピーが始まります。 日々の中で、躓いたり、迷ったり、 幸せを味わえたり。 ヨガセラピーは毎日に彩りを与えてくれます。 おひとり、もしくは少人数での密な時間を大切に過ごす静岡県沼津市のヨガサロンです。 一般社団法人ヨガセラピスト協会の養成講座が ご受講いただけます。